ご訪問ありがとうございます

  • ★とりあえず、「ブログランキング」に参加しております。1日1回クリックしていただけると、うれしいです。↓↓
    にほんブログ村 教育ブログへ

最近のトラックバック

旅行・地域

2011年12月30日 (金)

リラックスタイム

Dvc00108_r 冬休みで帰省している長男と長女を連れて、指宿市開聞の唐船峡にソーメンを食べに行ってきました。「ソーメン食べたい」という気まぐれな息子の一言で決まったドライブでしたが、冬のソーメンも結構人気があるようで、たくさんのお客さんで賑わっていました。

 食べるところも囲いがしてあって、ストーブも焚いてあり、暖かでしたが、やっぱりソーメンは夏だな…と思いました。

 その後、夏にも行った「玉手箱温泉」へ。開聞岳を右手に望み、目の前には海の広がる露天風呂に、息子は「すげー。今度、友だちを連れてこよう」と声を上げていました。かなり、気に入ったようです。

 わたしは、忘年会続きでちょっと体調不良気味。腹の具合が悪くて、ダウン寸前…。車では、後部座席に座りうとうとしておりました。それでも、帰りには新装開店のコセド酒店によって、正月用の日本酒bottleと赤ワインwineを買ってきましたよsmile

 というわけで、久しぶりにゆっくりとできた一日でした。

2011年8月 2日 (火)

くつろぎタイム

 せっかく指宿まであしを伸ばしたので、午後から、年休をとり温泉に行った。午前の研究会で、I先生からヘルシーランド・たまて箱温泉(露天風呂)の入浴券を頂いたので、つれあいと二人でレッツ・ゴー!

Dvc00726_r  で、これがなかなかいい温泉。開聞岳を眺め、前面の海には心まで解きほぐされる感じ。夏場の露天風呂ということで、「熱くないかな~」と思っていたけれど、ちょうどいい湯加減に調節してあり、最高だった。

 陽射しを防ぐための笠も置いてあり、わたしは使わなかったけれどなかなか風情があってよさそう。

 普通に入ったら、500円という料金だったが、近くの唐仙狭には100円割引券がおいてあったので、これを使えば400円。かなりお得。わが家のお薦めの湯に見事ランクイン!

2011年4月30日 (土)

霧島へ

 連休2日目。久しぶりに霧島に出掛けました。「東日本大震災」の陰に隠れた感じがありますが、新燃岳の爆発は、やはり心配される状況です。通行止め箇所ももちろんありました。

 しかし、温泉にも2カ所ちゃんと入ってきました。ソフトクリームを食べに行った高千穂牧場にはたくさんの家族連れが訪れていました。大丈夫なところは大丈夫。「風評被害」が問題になっていますが、正しい情報をしっりと入手して、動くことが大事だなあと思いました。

2010年12月19日 (日)

スカイツリー

Pc191011_r  東京に行って、「やっぱり今ここを見てこなければ…」と見上げてきました。現在、514m。足下には、たくさんの見物人が。

 さすがに、514mという高さは、首が痛くなりました。で、まだまだ伸びるんですね。後ろに反り返ってしまうな(笑)。

 それにしても、人間の技術はすごいですよね。あらためて、感動。まあ、こんなの作ろうと発想することからして…。

 

2010年8月10日 (火)

リフレッシュタイム

Dvc00283_r  9・10日と休みをとり、家族で1泊2日、霧島への温泉旅行に行ってきました。やはり、たまにはゆったりと過ごすことが大事だなあと、あらためて思いました。

 宿泊先は、旅行人山荘。変わった名前ですよね。でも、味がある。ホテルの説明書を読んでいたら、この名、『旅行人』という雑誌の名から取られたそうです。それで、部屋に置いてあったこの雑誌をパラパラとめくっていると、「あと3号で休刊」とありました。「編集者の体力の低下が理由」と書いてありましたが、どの分野の本も、なかなか厳しいのだなあと、再確認した次第です。

 さて、温泉は、やはりいいですね。特に、ここの温泉は、森の中にあって、自然と一体化できるところが素晴らしい。秋の紅葉の頃に、もう一度来られたらいいなと思いました。明日からの生きるエネルギーが湧いてきました。そうそう、明日はわたくし、代表勤務です。

2009年5月 4日 (月)

黒川温泉

P5060146  3日夜から熊本の実家に帰り、翌日、黒川温泉へ。

 1月、学年部の職員旅行で出かけて気に入ったので、今回は、わが家族と両親、弟家族と一緒に行くことにした。日帰りだけど…。

 高速道路はそうでもなかったが、熊本インターを降りて阿蘇に向かう道路は大渋滞。「これは、ついても温泉どころではないかも…」という不安なドライブだった。

 ミルクロード経由で黒川温泉にはなんとか到着して、前回行った、「山みず木」にまっすぐ向かうと、幸いすぐに車は止められた。が、浴場は、やっぱり人人人…。「ゆっくりと…」とはいかなかったけれど、それでも露天風呂につかると少しはホッとできた。

 まあ、これでも、黒川温泉に行ったという「事実」はできたというわけ。

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト

本日の1枚

  • ウォーキングで見つけたもの 2017
 /05/11
    日々の教育実践、わたしのくらしの中から、最も心に残った場面を切り取って紹介していこうと思います。

初めてみた光景・風景・撮っと景

  • もみじのたね
    世の中便利になりました。これまでは、びっくりするようなシーンに出合っても、言葉でしか伝えられないことが多かったのですが、持ち歩く携帯電話でパチリと写しておけば、画像を見ながら話せます。 このアルバムは、わたしが出合った初めての風景を紹介したいと思います。あくまで、わたしが初めて見た風景ですので、「知ってるよ」ということもたくさんあるかも知れませんが…。

お薦め教育本

  • ‘人間と性’教育研究協議会編: 新版 人間の性の教育 全6巻
    子どもたちの事実を見つめ、そのニーズに応える性教育の実践。「どこでもだれでも取り組める性教育」をめざして、理論と実践を分かりやすくまとめてある。
  • 種村エイ子: 「死」を学ぶ子どもたち
    種村先生の出前「いのち」の授業。光栄にも、執筆協力させていただいております。
  • 金森俊朗: いのちの教科書
    わたしの目標とする教師の一人・金森俊朗さん。実践構想の土台の広さ、子どもを見つめる視点の豊かさと確かさ…。教師として生きるものに、エネルギーを与えてくれます。
  • 金森俊朗: 希望の教室
    金森先生の実践づくりの発想・方法が、具体的な授業実践を通して学べる。

PV

  • PV
無料ブログはココログ