ご訪問ありがとうございます

  • ★とりあえず、「ブログランキング」に参加しております。1日1回クリックしていただけると、うれしいです。↓↓
    にほんブログ村 教育ブログへ

最近のトラックバック

パイナポー

2013年10月 5日 (土)

すくすくと…久しぶりのパイナポー

Pa020304_r旧4年3組のみなさん。ご無沙汰しておりました。

あの時のパイナポー。順調に育っております。葉が伸びすぎたので、支えを施してあげました。

そろそろ実がつくといいのですが…。


2012年7月14日 (土)

パイナポーの今…

Dsc00879_r 久しぶりに、教室のパイナポー画像を…。今の中1の子どもたちが4年生の時、クラスのUさんからもらったパイナポーです。

 1回、根腐れしてダメになってしまうかと心配したこともありましたが、無事に観葉植物の役目を果たしてくれています。こちらは、パイナポーの頭をカットして植えたもの。もう一つ、新しいわき芽を植えたものもありますが、そちらも大丈夫です。

 そろそろ実をつけても良さそうな年数がたつのですが、来年あたりかな~。関係者のみなさん、お楽しみに…。

 

2011年6月26日 (日)

久しぶりのパイナポー

Dvc00674_r  すっかりご無沙汰していましたが、パイナポーは育っています。ちょっと元気がない時期もありましたが、葉を綺麗に拭いてあげると、勢いをとり戻したような…気が。

 実をつけるには3年かかるそうなので、来年に期待。何とか、そこまで育ってくれますように。

2010年11月 2日 (火)

パイナポーすくすく

Pb040574_r  だんだん寒くなっていきますが、パイナポーは、ご覧の通り元気に育っています。去年は、このあと水を与えすぎて根腐れを起こしたので、慎重に管理していきたいと思います。

 あと2年で、実がついてくれるかなあ。

2010年8月17日 (火)

パイナポー約1年

P8170014_r  5日ぶりに教室に入ると、パイナップルが大きく成長していました。やはり、熱帯の植物なんだなあ。かなり元気であることが、写真からもお分かりだと思います。

 冬場の一時期は、もうダメだなあとあきらめていたのですが、見事に復活しました。これからもうしばらくは、このまま大きくなってくれるでしょう。植え替え時期はいつ頃かな。大きめの鉢をキープしておかなければ。 

2010年6月16日 (水)

パイナポー

Dvc00220_r  一時は、枯れてしまうと思われたパイナポー。見事に復活しました。液肥の効果も出たかな? それに、やぱり気温が関係しているのでしょう。

 大きい方は、葉っぱが自分を地面から押し上げる形でグラグラしていたので、思い切って下から生えている葉をむしり取ってあげました。 これが良かったみたいです。ちゃんと、根がはってきたと見ています。

 小さい方は、栄養不足だったのでしょうね。今は、生き生きと元気です。葉の数も増えてきました。

 旧4年3組の皆さん、このようにちゃんと育てていますので、ご安心を。

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト

本日の1枚

  • ウォーキングで見つけたもの 2017
 /05/11
    日々の教育実践、わたしのくらしの中から、最も心に残った場面を切り取って紹介していこうと思います。

初めてみた光景・風景・撮っと景

  • もみじのたね
    世の中便利になりました。これまでは、びっくりするようなシーンに出合っても、言葉でしか伝えられないことが多かったのですが、持ち歩く携帯電話でパチリと写しておけば、画像を見ながら話せます。 このアルバムは、わたしが出合った初めての風景を紹介したいと思います。あくまで、わたしが初めて見た風景ですので、「知ってるよ」ということもたくさんあるかも知れませんが…。

お薦め教育本

  • ‘人間と性’教育研究協議会編: 新版 人間の性の教育 全6巻
    子どもたちの事実を見つめ、そのニーズに応える性教育の実践。「どこでもだれでも取り組める性教育」をめざして、理論と実践を分かりやすくまとめてある。
  • 種村エイ子: 「死」を学ぶ子どもたち
    種村先生の出前「いのち」の授業。光栄にも、執筆協力させていただいております。
  • 金森俊朗: いのちの教科書
    わたしの目標とする教師の一人・金森俊朗さん。実践構想の土台の広さ、子どもを見つめる視点の豊かさと確かさ…。教師として生きるものに、エネルギーを与えてくれます。
  • 金森俊朗: 希望の教室
    金森先生の実践づくりの発想・方法が、具体的な授業実践を通して学べる。

PV

  • PV
無料ブログはココログ