ご訪問ありがとうございます

  • ★とりあえず、「ブログランキング」に参加しております。1日1回クリックしていただけると、うれしいです。↓↓
    にほんブログ村 教育ブログへ

最近のトラックバック

« 2017年度前期「特別活動論」授業通信第2号~「生きた授業」をするための方法をたくさん知って吸収したい/みんなの特活の思い出を聞くことで、自分の経験や記憶がたくさんよみがえった | トップページ | 「わたしのいのち・あなたのいのち」~沖縄タイムス・連載開始 »

2017年4月24日 (月)

 2017年度前期「特別活動論」授業通信第3号~学習指導要領における「特別活動」

 一週間のご無沙汰でした。それにしても、あっという間に、巡ってきます。学生時代、大事に過ごしてくださいね。

 さて、前回は、学習指導要領における特別活動の位置づけについて取り上げました。

 以下、感想文の中から紹介します。

◆前時の授業の主な流

1.班活動
2.学級会→「授業スタート係」予定日決め
3.前時の振り返り
4.特別活動の教育課程上の位置づけ
5.特別活動の歴史
6.現行指導要領(小2008年)と新指導要領(小2017年)の「特別活動」を比較
7 .感想文を書く

◆第二時の感想文

  学習指導要領
 今日は、現行(2008年度版)と改訂版(2017年度版)を読み比べて、変更点について話し合うという活動をした。改定は10年ごとだけれど、現行のもので“いじめや自殺問題”による「人間関係」という文言が使用されるようになったように、時代の変化に合わせてポイントが変化していく、実践的なものなんだなと思った。2017年度版のものに「異年齢集団による交流」という文言がいくつかのところで追加されているとされているが、その意図などもまた、社会情勢などほかの要因があってのことなのか?と疑問に思ったので、調べてみようと思った。また、学級活動におけるキャリア形成とあるのだけれど、小学校で行うキャリア形成って具体的に何なのかも調べてみようと思った。
※調べてみようと思うことがとても大切! 指導要領と時代との間には、双方向性がありそうですよ。

  指導要領を比較しての感想
 現行指導要領の新指導要領に比べて、まず感じたのは文の量の増加と内容の具体化です。文の量が増えて、読むのは大変そうだと思ったけど、具体的にどのような活動を行い、どのような資質・能力の育成を重要視すればよいのかわかりやすくなるのよいと思いました。
 指導要領の内容をやることだけで一杯いっぱいにならないように、指導要領の内容を生かしつつ、自分なりの工夫をできるような教師としての能力を身につけたいと思いました。
※ここが大切なのですよ。次回、具体的な実践を通して語っていきますね !

  特活 学習指導要領改訂について
 1947年の試案から、2017年の改訂に至るまでの経緯を、概説ではあるが初めて習って、特活(当初は「自由研究」という位置付け)の歴史を知ることができた。時代に応じて学習指導要領が変わるのは当然の営みだが、我が国の教育や、子供たちの実情を映し出しているようであった。今回(2017年)のあ改訂では、特活に限らず、生きて働く能力(資質・能力)の形成が大きくうたわれているが、ポイントは「主体的に考えて実践する」だった。しかし、文科省から出された「改訂のポイント」は、ポイントとして不完全というか、ざっくりとしすぎていて、よけい困惑するような要点しぼりだった。小学一年生から、集団の中における学校、学級づくりに参画することを求められている今の時代の子供たちは、大きなものを将来求められているなあと感じた。
※改定のポイントに関しては、本当にそうですよね。同感です。指導要領の詳しい記述については、教師にとって実践を豊かにするものとなってほしいのですが…、どう転ぶでしょうか?

 学習指導要領から見る特別活動
 2008年の学習指導要領と2017年のものを見比べて、似たような部分と違う部分を細かく調べて、ほかの授業でもよくポイントとされる「主体的」や「振り返り」などの言葉が出てきていることが印象に残りました。私の班は、学校行事の部分を調べ、2017年では体験した活動についての意義を理解することや、発表などの事後学習、(3)健康安全・体育的行事の部分の「事件や事故、災害等から身を守る」というところが加えられ、重視されていると気づきました。
 その後配られた改訂のポイントでは、違うことが書かれていたので、もっと深く読みたいと思いました。
※文科省の意図を知り、読み返してみて納得できましたか? できなかったら、文科省のミスとも考えられますよ!

  新学習指導要領 !?
 学習指導要領の改定版を見比べることで、様々な違いが見えてきました。特に、改訂のポイントとしては、目的を理解したうえで、主体的に取り組んだり、集団間での交流を深めることが明確になっていた。また、活動を終えた後の振り返り活動を通すことで、使える能力を高めようとしているのだろうと感じました。改訂版学習指導要領は、細かく明記されているけれども、そればかりに頼らず、教員も主体的に考え、授業展開をしていく必要性があることも学ぶことができました。うまく学習指導要領を活用することで、よりよい学習環境を生み出すことができると思いました。
※そうだね。実践主体は教師、主人公は子どもです!

  将来の社会を見据えて
 今回、新学習指導要領を見て、より内容が具体化され、人間関係を大切にし、ただ活動するだけにとどまらない、本当に使える資質・能力の育成を重視しているということが分かりました。確かに、これから私たちが指導していく子どもたちが大人になったときの社会は、高度情報社会や AIの台頭など、今の私たちでは想像もできないくらいのレベルのものになっていると考えられます。その社会の中では、ただ今までの知識を活動で身につけるだけでは太刀打ちできないかもしれません。そこで、今回の新学習指導要領にあるように、人間関係を大切にして多くの人と話し合い、本当にその場で使えるものは何なのかをみんなで考え、発展的な力をげにつけて、社会の中を生き抜いていけるようにしないといけないなと思いました。そこまでの長いスパンで教える内容を考えるよう、努力しなければならないと思います。がんばっていきたい。
※時代と切り離して、教育は存在しませんよね。時代のニーズは何か?ニーズを作り出すのはだれなのか?…が問われます。

  現行指導要領と新指導要領を比較して
 自分たちは、2017年度改訂版が試験に出ると思うから 2017年版を中心に学ぶので、このような授業がないと2008年版を見ることも、こうやって比較してみることもないのかなと思うと、今回このようなことができて良かったと思います。旧と新の比較をして、全体的に具体的になっただけでなく、異年齢とかかわるや話し合い活動など、集団としての考えが深くなったと思いました。また、活動に意味があるのではなく、その活動する上で得るもの、資質や能力を向上させることに意味があるのだとなっていて、新の方がよりよい学習をするための先生の導く方向が、具体的により深くなっていて良いと思いました。自分たちは、量が多くなったものを覚える大変だなと思ったけど、このように、生徒に、より意味のある学習になるのならいいことだと思いました。
※なるほどね。しかし、物事には必ずプラスとマイナスの両面が存在します。複眼的に検討していきましょう!

  学習指導要領を読んで考えたこと
 特別活動に「学級活動」「児童会活動」「クラブ活動」「学校行事」と四つの項目に分かれていることに驚きました。けど、2008年の学習指導要領には、具体的なことが書かれていなかったので、特別活動をしっかりやる先生とそうでない先生に分かれていたのかと思いました。だから、お年を特別活動の思い出があまりないのかなとも思いました。2017年の指導要領では、具体的に書かれているので、ちゃんとした特別活動する先生が増えそうだなと思いました。
※もちろん、文科省からは「解説書」が出ていますから、先生たちがマニュアル的なものを持たなかったというわけではないのですよ。→次回説明しますね。

  教師の力
 今回の講義で、先生が新しい学習指導要領が全体的に具体的になったが、それだけ見ていれば、OKではないとおっしゃっていて、その通りだなと思いました。ただ、あれもこれもと決められて、さらにそれに従わないといけないとされると新聞の記事で、安彦さんが心配していたようなことが起きかねないこともあり、バランスが難しいと思いました。教育学部なくなるかもしれないという話も、お金だけでなく、教員の質も問題の一端だと思うので、これから教員を目指す私たちは、もっと頑張らないといけないなと思いました。
※こういう批判的思考が大切だと思います。じっくりと見つめ、考えていきましょう。与えられたものをこなすのが教育ではありませんよね。

  学習指導要領の変更
 2008年から2017年にかけて、指導要領が大幅に変更し、より具体的に生徒への指導をすべきか、事細かに書かれるようになった。そのため、先生としては指導要領に書かれていたことをそのままするということになりがちだが、先生がしっかりと生徒のことを考えて指導するのが本当に大切だと感じました。時代が変化することによって、指導要領の内容は変化してゆくが、先生同士でないといけないことや、大切なことは変わらないと思うので、しっかりと自分で考えて治療できる先生になりたいです。
 また、これからの時代は、インターネットの発達などにより、人間関係が希薄になっていくということが予想されるため、人間関係の重視が大切になっていくと思います。
※「具体的」と「事細か」という二面性をしっかりおさえておく必要がありますね。

  第二回目の講義を受けて
 今回、主に復讐指導要領における特別活動について、2008年度版と2017年版をグループで比較しました。私たちのグループは、「児童会活動」について比較を行いましたが、まず文章量が増えていること(細かく書かれていること)、児童に対して高い能力を求めているように感じた。
 教師としては、細かく書かれている方が安心だとは思うが、はたしてそれが本当に教育としていいのだろうかと疑問に感じた。
 教育現場ではたくさんの想定外のことが起こるであろうし、それを考えれば、もしそういうことが起こった際に、学習指導要領に頼ってばかりいたら、対応できなくなるのではと感じた。
※ある程度のことは、マニュアルで対応できますが、そこから先ですよね。世の中の出来事は、その場その場で主体的に対応する中で動いていきます。

  指導要領について
 今回は、指導要領について学びました。正直、指導要領は難しい文言がつらつらとのべられていて、楽しくないです。2008年2017年の指導要領を比べると、発表でもあったように、記述がより具体的になったという印象がありました。今までの投げやりな感じがしないので、いことだとは思いますが、全文まで着いて奇妙な感じがしています。アクティブラーニングも話題にないように、全体的に話し合い、聞き合い、合意形成などが必要になっていて、教師として仕事量(主に授業を考える)といったことが増え、多忙になると思ったので、教師の数も増やしてほしいです。そうすると少しは楽になるのかな…。
※大切な視点ですね。安彦氏の論考は、重要なことを示しています。

« 2017年度前期「特別活動論」授業通信第2号~「生きた授業」をするための方法をたくさん知って吸収したい/みんなの特活の思い出を聞くことで、自分の経験や記憶がたくさんよみがえった | トップページ | 「わたしのいのち・あなたのいのち」~沖縄タイムス・連載開始 »

特別活動論2017前期」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179166/65208638

この記事へのトラックバック一覧です:  2017年度前期「特別活動論」授業通信第3号~学習指導要領における「特別活動」:

« 2017年度前期「特別活動論」授業通信第2号~「生きた授業」をするための方法をたくさん知って吸収したい/みんなの特活の思い出を聞くことで、自分の経験や記憶がたくさんよみがえった | トップページ | 「わたしのいのち・あなたのいのち」~沖縄タイムス・連載開始 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト

本日の1枚

  • ウォーキングで見つけたもの 2017
 /05/11
    日々の教育実践、わたしのくらしの中から、最も心に残った場面を切り取って紹介していこうと思います。

初めてみた光景・風景・撮っと景

  • もみじのたね
    世の中便利になりました。これまでは、びっくりするようなシーンに出合っても、言葉でしか伝えられないことが多かったのですが、持ち歩く携帯電話でパチリと写しておけば、画像を見ながら話せます。 このアルバムは、わたしが出合った初めての風景を紹介したいと思います。あくまで、わたしが初めて見た風景ですので、「知ってるよ」ということもたくさんあるかも知れませんが…。

お薦め教育本

  • ‘人間と性’教育研究協議会編: 新版 人間の性の教育 全6巻
    子どもたちの事実を見つめ、そのニーズに応える性教育の実践。「どこでもだれでも取り組める性教育」をめざして、理論と実践を分かりやすくまとめてある。
  • 種村エイ子: 「死」を学ぶ子どもたち
    種村先生の出前「いのち」の授業。光栄にも、執筆協力させていただいております。
  • 金森俊朗: いのちの教科書
    わたしの目標とする教師の一人・金森俊朗さん。実践構想の土台の広さ、子どもを見つめる視点の豊かさと確かさ…。教師として生きるものに、エネルギーを与えてくれます。
  • 金森俊朗: 希望の教室
    金森先生の実践づくりの発想・方法が、具体的な授業実践を通して学べる。

PV

  • PV
無料ブログはココログ