ご訪問ありがとうございます

  • ★とりあえず、「ブログランキング」に参加しております。1日1回クリックしていただけると、うれしいです。↓↓
    にほんブログ村 教育ブログへ

最近のトラックバック

« 天までとどけ2013/第64号:十歳、「半成人の誓い」です~その4 | トップページ | 天までとどけ2013/第65号:十歳、「半成人の誓い」です~その5 »

2014年1月22日 (水)

久しぶりにダウン…

 先週初めから、「何だか調子が悪いなあ」と思っていたが、金曜日の懇親会(当然、飲み会)後に、咽が痛くなった。「これは、まずい」と病院に行くと、「風邪の引きはじめですね」と抗生剤を処方された。

 そのままいつものように熱も上がらずだったのだが、学級の子どもたちはインフルエンザで出席停止が続出…。「やばい」と思っていると、どんどん具合が悪くなる。とうとう昨日、久方ぶりに体温38度台を記録。再度、病院を訪れた。

 「これはもう間違いない」と、ガックリしながら、インフルエンザの検査をお願いする。10分後、医師から、「出てませんね」と告げられた。「まじか。」

 それは、助かった…。25日は、大きな予定が2つ入っているのだ。(正式には案内されていないのだけれど)中2の子どもたちの「立志式」と、保育園での講演。インフルエンザだったら、どちらもキャンセルのはずであった。

 というわけで、医師から処方された薬を飲んで、徐々に回復中。3日連続たっぷりの睡眠時間とノンアルコールも効いてきたのだろう。もうあと少しだ。

« 天までとどけ2013/第64号:十歳、「半成人の誓い」です~その4 | トップページ | 天までとどけ2013/第65号:十歳、「半成人の誓い」です~その5 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

 久しぶりの投稿です~お疲れ様です。
 色々な場で、色々な 「話し」 を聞きますが、最近心に響く事がないような気がします。耳に入らなくなったのかな?それとも心が「から」なのかな?さて、明日は、有名な方の「話し」を聞きに行きます。どうか自分がんば!(笑)
 こんな自分の横で、娘はユーチューブで「幸せになろうよ」を口ずさんでいます。
 いつの間に操作を覚えたのかな?

 

天使のママ様

25日は、お疲れ様でした。子どもたち、大きくなっていて、時間の流れを感じました。
思春期まっただ中を生きている子どもたちに、お節介ながら伝えたいメッセージがあり、一方的に喋り(読み)ましたが、ひとかけらでも心に残ってくれたらうれしいです。

「しあわせになろうよ」…ほんとうに、みんなに幸せになって欲しいです。次は、20歳のときかな。あと8年か~。まだ現職だよなあ(笑)。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179166/58991921

この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりにダウン…:

« 天までとどけ2013/第64号:十歳、「半成人の誓い」です~その4 | トップページ | 天までとどけ2013/第65号:十歳、「半成人の誓い」です~その5 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト

本日の1枚

  • ウォーキングで見つけたもの 2017
 /05/11
    日々の教育実践、わたしのくらしの中から、最も心に残った場面を切り取って紹介していこうと思います。

初めてみた光景・風景・撮っと景

  • もみじのたね
    世の中便利になりました。これまでは、びっくりするようなシーンに出合っても、言葉でしか伝えられないことが多かったのですが、持ち歩く携帯電話でパチリと写しておけば、画像を見ながら話せます。 このアルバムは、わたしが出合った初めての風景を紹介したいと思います。あくまで、わたしが初めて見た風景ですので、「知ってるよ」ということもたくさんあるかも知れませんが…。

お薦め教育本

  • ‘人間と性’教育研究協議会編: 新版 人間の性の教育 全6巻
    子どもたちの事実を見つめ、そのニーズに応える性教育の実践。「どこでもだれでも取り組める性教育」をめざして、理論と実践を分かりやすくまとめてある。
  • 種村エイ子: 「死」を学ぶ子どもたち
    種村先生の出前「いのち」の授業。光栄にも、執筆協力させていただいております。
  • 金森俊朗: いのちの教科書
    わたしの目標とする教師の一人・金森俊朗さん。実践構想の土台の広さ、子どもを見つめる視点の豊かさと確かさ…。教師として生きるものに、エネルギーを与えてくれます。
  • 金森俊朗: 希望の教室
    金森先生の実践づくりの発想・方法が、具体的な授業実践を通して学べる。

PV

  • PV
無料ブログはココログ