ご訪問ありがとうございます

  • ★とりあえず、「ブログランキング」に参加しております。1日1回クリックしていただけると、うれしいです。↓↓
    にほんブログ村 教育ブログへ

最近のトラックバック

2018年2月12日 (月)

課題研究最終報告会

教職大学院1期生の課題研究最終報告会が終わりました。

2年間の学修の成果がまとめられ、発表されましたが、

それぞれに、それぞれの問題意識を持ってとり組まれた個性的な課題研究でした。

完成形の研究発表ではなく、これからの現場での実践研究に引き継がれていくべき課題が明確になったという意味で、どれも素晴らしい研究であったと思います。

わたし自身にとっても、教育実践を論理的に考察し、探究していく面白さと難しさを再確認できる時間となりました。

2018年2月11日 (日)

沖縄国際洋蘭博覧会2018

Img_6491_r久しぶりにふらりとドライブへ。

目的地は、美ら海水族館のある海洋博公園、熱帯ドリームセンター。

沖縄国際洋蘭博覧会を見るために、寂しいひとり旅。

何とも美しい蘭たちが、

Img_6496_rまあ堂々と咲き誇っている。

ここまで、自信たっぷりだと恐れ入るしかない(笑)。

それにしても、多様な形、色、大きさ…。

Img_6520_rこの美しさを美しさとして、味わえることの素晴らしさ。

会場に向かう途中で、名護のFMラジオ放送を聞いていたら、

「日本人は『平和ぼけ』と批判されることがあるが、『平和ぼけ』で何が悪い。大いに結構…」

と語っていた。

本当に、そうだ。

美しい蘭の花を、ぼけーっと眺めていられるしあわせよ。

2018年2月 9日 (金)

後期授業の終了

午前中、教職大学院の課題発見実習指導に普天間第二小学校へ行き、3時間目は学部「特別活動の研究」の授業。

今回が最後の授業ということで、最終レポートとして出してもらったそれぞれのレポートから学び合う時間とした。

最終レポート集の作成は、今回が3回目であったが、やはり一つの形になると達成感を味わうことができる。43名の学生が、同じ内容の授業を受けたにもかかわらず、 自己のレポートの中心課題とした内容は43通り。その個性的な「学び」に学ぶことが、大切なのではないかと考えている。

最終回の授業感想文には、多くの学生が、そうした学びの多様性から学ぶことの価値について書いてくれていた。

43名の学生たちが、全て教員になるわけではないが、こうした他者からの学び、違いを大切にできる人間になってもらえたらと願う。

ところで、一つのものが終わるというのは、寂しい感じが伴うものだなあ…と感じている自分に新しく気づいた。

こういう感情を味わわせてくれた学生たちに、感謝。

2018年2月 7日 (水)

特別活動の研究

学部「特別活動」の授業を前期と後期で担当しています。

前期は、小学校教員免許取得希望者向け、後期は、中・高教員免許取得希望者向けです。

わたし自身は、小学校教員経験者ですから、中・高の現場は飛び込み授業くらいしか経験していません。

したがって、今回の授業では、高校教員経験者のT・M先生をゲストに、「高校における特別活動」を語っていただきました。

学生たちの感想文を読むと、かなりインパクトがあったようで、これは成功だったなと思っています。

やはり、現場での経験を元に、具体的な実践を語ることが、学生たちにとって具体的な学びとりとなるようです。

もちろん、それを支える理論的学びも大事。わたし自身の学びも、深めなくてはなりません。

修行は、続きます。

2018年2月 6日 (火)

ジョージアコマーシャル

「世界は誰かの仕事でできている」

2018年2月 3日 (土)

京都に来ました

京都教育大学での講演会のため、京都に来ました。

いつもより寒さは和らいでるとのことでしたが、
やっぱり、沖縄からすればやっぱり…さ・む・い(笑)。
平日、夕方開催であったにもかかわらず、
予想以上に集まっていただき、ありがたいことでした。
今回のテーマは、「学び続ける教師」。
従って、わたしの教師としての歩みを、
実践を通した子どもの姿とそこからの学びという筋立てて語らせてもらいました。
先生たちには、明日からのエネルギーにしてもらえたかな。
学生さんたちは、教師になりたいと思ってくれたかな。
夜の懇親会も、たのしいひととき。
気持ちよく酔ってしまいました。
京都教育大の先生方、参加してくださったみなさん、
ありがとうございました。

2018年2月 1日 (木)

オワリはじまり

昨日、ある小学校に行きました。

6年生の教室の横に、かりゆし58の「オワリはじまり」の歌詞が拡大コピーで貼ってありました。

そろそろ卒業式に向けての準備かな?

学級で歌っているのかな?

と思いながら、読みました。

心に染みるいい歌です。

 

2018年1月30日 (火)

カンヒザクラ

Img_6431_rしばらく徒歩通勤となりました。

キャンパス内には、カンヒザクラが満開となっています。

小さなメジロは、花の蜜を吸っているのでしょうか?

枝から枝に渡りながら、戯れています。

ピンクにグリーンが映えていたので、

しばらく携帯を構えて…パチリ。

いいのが撮れたかと思いきや、…残念。失敗。

2018年1月28日 (日)

わたしのいのち あなたのいのち

昨年4月から「沖縄タイムス」に月1で連載してきた 「わたしのいのちあなたのいのち」。
いよいよあと2回となった。
時間の流れは、あっという間で本当に早い。

2月号のテーマは、「死をみつめ、生きることを考える」とした。
780文字という制限の中、消したり書いたり、文章を紡ぎ出す作業はなかなか面白い。
学級通信をイメージして毎回書いてきたが、どんな風に読んでもらえたのだろう。
ちょっとは、役に立てたのだろうか。

2018年1月27日 (土)

卒論テーマ検討会

Img_6411_r木曜日の3限目は、ゼミの時間。

今回は、3年生の卒論構想発表会に向けて丹野ゼミの4年生の体験談を聴くことに。

なかなか卒論テーマが決まらず、焦り始めている3年生。

急遽、丹野ゼミの3年生も参加して、研究室は満席状態。

4年生には、「10分お願い」と頼んでいたにもかかわらず、二人の話が、とても参考になったようで、幾つもの質問が出て50分も続いた。

3年生にとっては、まさにグッドタイミングでの学習会になったはず。

さて、さて、それを踏まえて次の一歩が大切。

がんばれ、3年生!

«お知らせ

2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
フォト

本日の1枚

  • 黄色い
    日々の教育実践、わたしのくらしの中から、最も心に残った場面を切り取って紹介していこうと思います。

初めてみた光景・風景・撮っと景

  • しおり
    世の中便利になりました。これまでは、びっくりするようなシーンに出合っても、言葉でしか伝えられないことが多かったのですが、持ち歩く携帯電話でパチリと写しておけば、画像を見ながら話せます。 このアルバムは、わたしが出合った初めての風景を紹介したいと思います。あくまで、わたしが初めて見た風景ですので、「知ってるよ」ということもたくさんあるかも知れませんが…。

お薦め教育本

  • ‘人間と性’教育研究協議会編: 新版 人間の性の教育 全6巻
    子どもたちの事実を見つめ、そのニーズに応える性教育の実践。「どこでもだれでも取り組める性教育」をめざして、理論と実践を分かりやすくまとめてある。
  • 種村エイ子: 「死」を学ぶ子どもたち
    種村先生の出前「いのち」の授業。光栄にも、執筆協力させていただいております。
  • 金森俊朗: いのちの教科書
    わたしの目標とする教師の一人・金森俊朗さん。実践構想の土台の広さ、子どもを見つめる視点の豊かさと確かさ…。教師として生きるものに、エネルギーを与えてくれます。
  • 金森俊朗: 希望の教室
    金森先生の実践づくりの発想・方法が、具体的な授業実践を通して学べる。

PV

  • PV
無料ブログはココログ